『滋賀地区 責任者の独り言』

寒かった季節もようやく終焉を向え、ポカポカした陽気になってきましたね。

この原稿が掲載される頃には、桜の開花もニュース等で取り沙汰されているのでしょうか。

皆さん寒暖差で風邪などひかれていませんか?私の周辺では花粉症もきつそうですが、大丈夫でしょうか?

どうぞ御身体ご自愛下さい。

 

改めまして皆さんご無沙汰をしております。現場責任者のMです。

前回の「独り言」が12月28日となり、約3ヶ月ぶりの投稿となります。

 

さて、桜の開花時期に合わせてお花見のシーズン到来となりますが、皆さんはお花見を毎年していますか?

私は毎年お花見に行きますが、いつも場所を決めている訳ではなく、家族でその時の気分で決めていたりします。

昨年は、京都の方へ行きました。円山公園等を散策しながら、コンビ二で購入したお酒を飲んで桜を愛でるといった感じです。

わりと京都へ出掛ける事が多いのですが、どこかお勧めのお花見スポットを教えて頂けたら、そこに訪れたいと思います。

 

我が家にも桜を植えており、毎年開花するのを楽しみにしております。また近くの神社では、4月にさくらまつりが開催され、

近隣の飲食店が出店しているお酒やあてを頼みながら、桜を見るというイベントが盛況です。今年も行けたらと思っています。

1年に1度しか咲かない桜を見ると、あと何回桜を見る事が出来るのかと柄にもなく感慨に耽ったりしますが、結局お酒の力に負けてしまい、

幸せな気持ちになって、一日が終わっていきます。

 

自身のブログのほとんどが飲食の話になってしまい、またまたお酒の場の話になるのですが、皆さんは「ローマ軒」というお店をご存知でしょうか?

私もよく利用するのですが、その存在を知るようになったきっかけは、「がっちりマンデー」という番組でした。

その時の特集が坪単価の月商が高い店というもので、その特集自体は定番になっているのですが、その時に取材されていたのが、この「ローマ軒」でした。

 

この「ローマ軒」の特徴ですが、メインの食事はスパゲッティです。

コスパも良く、安価で量が多い事が挙げられます。もう一つ、安価なあてで飲めるのも魅力です。

最大の特徴がサッポロの黒生ビールが30分600円で飲み放題というものでした。

これが、大阪第三ビルにあるとの事で、行かない手はない!という事で、

この番組をきっかけに、梅田に行った際はよく利用するようになりました。

初めて行った時は、セルフでサーバーからビールを注ぐ方法を店員さんから教わり、恐々注いでいたのですが、

今となっては慣れたものになってしまいました。どれだけ行ってるんや!という事ですが...。

 

そんな中先日、同じ第三ビル内に新店舗の「ローマ軒」を発見してしまいました。

その新店舗の特徴は、なんとワイン飲み放題です。甘口から辛口まで、1~10までナンバリングしており、

超辛口なら10番、といった感じで注文をしていきます。

サッポロとの提携により、ワインがこちらも30分飲み放題で600円です。

まずは、赤ワインの辛口を2本頼みました。ビン毎出されてきたのですが、ゴムのキャップが着いており、注ぎ方がわからない。

キャップを外すのか、キャップ毎注げるのか少し戸惑いながら試行錯誤していると、

隣に座っている方からアルバイトの店員に、最初にお客さんに説明をしなければならないとの指摘が。

ふと横を見ると、ビール飲み放題の店にいた年配の女性店員がお昼のまかないを食べていました。

おそらく、「ローマ軒」の中でもキャリアのある店員さんではないかと感じました。

その後も他のアルバイト店員へ接客に対しての指導をし、店を後にしたのですが、なかなか出来る事ではないなと感心してしまいました。

 

弊社もたくさんのアルバイトの方に働いて頂いております。

古株の方や新人の方、色々なキャリアを持っている方がいる中で、正直我々社員の目の行き届かない所も多々あります。

そんな中、先の店員さんの様に我々の知らない所で新人の手ほどきや指導をしてくださる方が居てくれるからこそ、

現場がしっかり運営されているのではないかと思った次第です。

そんな方達を大事にしていかなければならないと思うと同時に、その方達と共にわが社を発展させていきたいという思いを強くしたシーンでした。

ちょっとホロ酔いになりながら、気持ちもほっこり酔ってしまいました。

 

M